ネイリスト検定2級試験の項目に

チップラップの技法があります。

実技採点基準はJNECのホームページにあるので

確認してくださいね。

 

チップラップ技術は3級ではなかった試験内容なので、

新しい技術ということもあり、難しく感じている方も

いらっしゃるかと思います。

チップラップ 減点されないようにするには、

どんな点に気を付けるべきか、注意点などを

まとめました。

この記事で書いている内容がすべてではありません。

可能性のお話であり、チップラップができなかったから不合格と

いう訳ではないです。審査されている項目の一つです。

他のカラーリングやネイルケアなど試験項目はたくさんあります。

 

チップラップに関しての記事ですので、

参考程度に思ってください。あとは、ご自身で研究と練習をしてください。

 

チップラップ採点基準

正しいサイズのチップを選んでいますか?

規定はナチュラルチップです。クリアチップなどを使ってはいけません。

 

そしてチップのサイズですが、

きちんと最終的にラウンドを作ることを

意識して選ぶ必要があります。

小さいチップを選んでは先細りのものが仕上がります。

先細りはラウンドが作れません

 

またストレスポイントをしっかりカバーできるサイズを

選ぶ必要もあります。

ぎりぎりストレスポイントに足りていない場合はよくありませんね。

 

*こちらの記事も参考にしてください。

ネイリスト検定2級合格するには。チップラップ仕込みが大切な理由。

ネイリスト検定試験2級実日の時間配分 合格への手順を考える

 

 

チップラップの時の正しいサンディングとは?

JNECのホームページにあるように、採点項目に

必ず「サンディングから始め~」と書かれています。

 

サンディングとは?

この試験はネイリスト検定試験2級です。ジェルネイル検定ではありません。

そこを間違えないようにしてください。

 

チップラップの時のサンディングは

ウォッシャブルファイル150G又は180Gのファイルを使って、

爪表面に傷を入れなければいけません。

スポンジファイルでサンディングではありません

そして

爪の表面をガシガシ、ファイルで削るのではなく、傷を入れるのみです。

 

爪表面をファイルで削ってしまえば当然モデルさんの爪が薄くなります。

これはやり過ぎです。

サンディングの目的は、あくまでも「接着を上げる」だけなので、

爪表面を削ることが目的ではありません。

軽く傷をつける程度で十分です。やり過ぎ注意です。

 

 

 

ラップ素材はきちんとカバーできているか?

ラップ材はしっかり、ストレスポイントをしっかり覆い

と記載されています。

 

ストレスポイントにシルクやラップ材が端までとどいていなかったり、

逆に、はみ出していては減点される可能性は高いです。

 

そして、そのシルクに気泡が入って、白い点になったり、

シルクが凸凹だったりすると見栄えは当然悪く、

さらに点数を落とす可能性もあります。

 

丁寧にきっちりと、覆い、

グルー、レジンで固定、カバーしていきます。

 

 

 

 

使用する材料選びですが、メーカー統一が好ましいです。

しかし、材料屋さんで欠品で、入手できない場合、

他社同士の組み合わせなどする場合もあります。

 

私のお勧めは画像のメーカーです。

 

グルー:ibd5second 速乾 ブラシタイプ

レジン:EZ FLOWレジン  ビルディングレジン:EZ FLOW

アクティベーター:バックスクラッチャーズ kikr アクティベーター

シルク:バックスクラッチャーズ

 

*ネイル材料はこちらで購入できます↓

一般の方もジェル検定、ネイリスト検定材料が購入できます。

 

 

普通のレジン↓

Ez Flow(イージーフロー) ブラッシュ オン レジン 5g
by カエレバ

 

楽天サイト↓普通のレジン

 

 

こちらがビルディングレジン

楽天サイト↓

高さ、ハイポイントを作るレジンです。

 

アマゾンサイト↓ ビルディングレジン

ブラッシュオンビルディングレジン 6g

新品価格
¥1,430から
(2020/1/16 14:27時点)

 

 

シルクラップ素材はこちら↓

アマゾン 90cm

シルクラップ 90cm

新品価格
¥825から
(2020/1/16 14:30時点)

 

アマゾンサイト たっぷり180cm

シルクラップ 180cm

新品価格
¥1,250から
(2020/1/16 14:32時点)

 

 

楽天サイト シルク素材 お手頃90cm

シルクラップ用素材です。薄くて使いやすいのでおすすめ

 

 

 

シルクをストレスなく綺麗にカットできるネイル用ハサミ↓

楽天サイト↓

ネイルに必須のシザー。切れ味抜群。ネイリスト御用達

 

内海 ネイルシザー SO33
by カエレバ

ピンクと色違いバージョン。

ハサミ、ニッパー類は内海がおすすめです。

レジンは他社の商品もありますので、

自分が使いやすい、綺麗に仕上がるものを選べばいいです。

レジンとアクティベーターの使用するメーカーの組み合わせによっては、

縮みがひどくなったり、空気が入りやすかったりしますので

他メーカーの組み合わせをする場合は、

必ず練習でメーカーの特徴、相性を見極めたりする必要があります。

 

また、何度やってもうまく出来ない、

気泡が入りやすかったり、ガタガタになる人は、

上記画像の組み合わせで試してみてください。

比較的やりやすいです。

 

アクティベーター↓

EZフローとも相性が良いアクティベーター

 

Backscratchers Kikrアクティベーター 15ml
by カエレバ

 

 

 

 

仕上がりの長さは、5mm程度の長さ、形は?アーチは?

これはきちんと守らなければいけません。

5mm程度なので、4.5mmがダメなどではありません。

ただ、8mm~1cm程度になると長いですし、3mm程度は短いです。

 

長すぎる人、逆に短すぎるなどは、点数が下がる可能性があると

いう事です。

 

5mm以内で、モデルさんの手が綺麗にバランス良く見える適度な

長さがお勧めです。

なんとなくの感覚で作るのではなく、きちんと練習の時に長さを測り

どのぐらいが5mm以下か、きれいに見えるか、

感覚を身につけておきましょう。

*試験中に定規で測ったりはできません。(*定規などの持ち込は禁止です

試験には定規などは持って行かないようにしましょう。

 

 

そして、形はラウンドです。スクエアオフなどではありません。

自分の勝手な思いで形を作らないように。

 

 

そして、スタイリングの美しさも必要です。

チップラップのハイポイントのバランスはいかがでしょうか?

フラットなぺったんこな形はもちろんよくありません。

上から、横から必ず形を確認し、、自然なアーチがある必要があります。

 

 

 

 

 

グルー、レジンのはみだしはないですか?

グルー、レジンが流れて、皮膚についたり、キューティクルに

白いダストが付着していると、当然、減点される可能性は高いです。

 

 

グルーなどは、乾くと光ります。

なので、皮膚についていると、きらきら光ったり、

乾燥し始めてダストなどが付着していると、白くなります。

はみ出しはすぐにバレます。

 

また、グルーやレジンが皮膚に付くことは、

皮膚にダメージを与える場合もありよくありません。

硬化するとき熱を帯びることもあります。

とにかく、皮膚に流れないように塗っていきましょう。

 

 

 

 

仕上がりの光沢は?ぴかぴかに輝いていますか?

ぴかぴかに仕上がっていますか?です。

表面にガタつきがあると、ぴかぴか光ってもうねりが見えます。

真ん中に一本の光の筋が見えるのが理想です。

そして、ブツブツ、気泡、凹み、穴など無いように

仕上げる必要があります。

 

表面が「ぴかぴか」なのに「うねって見える」、、、

表面がでこぼこする感じがある場合は、

ファイルの220~240Gでの表面の整え、ファイリングが

不足している

又はスポンジファイルが不足している可能性が高いです。

 

240Gファイルやスポンジファイルがきちんとできていなければ、

いくらシャイナーに時間をかけても

仕上がりも綺麗にはできません。

 

 

 

ファイルをしていると、中身のシルクなどのラップ素材が出てくる時は?

ファイルをそれほどしていないのに、

中身のシルクの糸が出てきた!

シルクが「ムニュ」「ズルっ」と出てきたりする場合はどうするか?

 

この原因は

①レジンをのせる量が少ない可能性もあります。つまり、薄い!

量が少なすぎる場合、ファイルで削れて中身が出やすいです。

 

②中が完全に硬化していない、乾いていなかった可能性も、、、

レジンを一気にのせて、厚みを出すことは難しいので、

数回に分けてレジンを乗せて適度な厚みを作る必要があります。

しっかり硬化と乾かしを繰り返しながら重ねて

塗るようにしてみてください。

 

③ビルディングで厚みと高さを調整すれば大丈夫。

ビルディングレジンでハイポイントを作ります。

ハイポイントの厚みができれば、そう簡単に

中身のシルクが出てくることはありません。

普通のレジンより粘度があり、ハイポイントを作るのに向いています。

普通のレジンだけだとサラサラで流れやすいので

ビルディングも合わせて使うといいと思います。

 

ビルディングもしっかり乾いて硬化していないと

ファイル中に剥がれてしまったり、

中身のシルクなどが出てくる場合もあります。

 

 

私もおすすめのやり方は、

普通のレジンを最低3回塗って乾かし、

 

次の4回目のレジンの時は、普通のレジンを塗ってすぐに、

その上からビルディングレジンで

ハイポイントを作っていきます。

ビルディングレジンは、ドロッとしているので、

ハイポイントが作れます。

 

ただし、乾きも遅いので、一気に塗り過ぎないように

してください。アクティベーターで硬化させます。

 

アマゾンサイト↓こちらがビルディング

Ez Flow(イージーフロー) ブラッシュオン ビルディングレジン 14g

新品価格
¥1,660から
(2019/4/8 17:40時点)

こちらが、通常のレジン↓

Ez Flow(イージーフロー) ブラッシュ オン レジン 1/2oz (約14)

新品価格
¥1,660から
(2019/4/8 17:48時点)

レジンとビルディングレジンは微妙に違うので

購入時、間違えて同じものを買わないようにしてください。

 

 

ネイル用品はこちらでも購入出来ます↓

シャイニージェル公式ショップ

 

きちんとダスト処理していますか?

チップを削った後は、ダストがかなり出ますし、チップの裏

たくさんのダストやファイルの残りが付着しています。

しっかり、爪の裏もダストを拭き取って、綺麗にしておくべきです。

チップの裏は必ず確認しましょう。

 

 

まとめ

このように、チップラップの技術は、

一つ一つ丁寧に仕上げていかなければ

結局、綺麗にできないという事になります。

 

また、試験で求められているレベル、

仕上がりの状態をきちんと理解しておかなければなりません。

 

 

自分では綺麗と思っても、

審査員から見るとぜんぜん綺麗ではないという評価を

受ける可能性もあります。(自己評価が高い)

そして、チップを貼る前の仕込み、爪の状態、

ネイルケア、モデルさんの手のお手入れも

結果、仕上がりに影響しますので、

一つ一つの工程が最終的につながっているとことを

意識して日々練習していく必要があります。

ネイリスト検定試験2級合格するには。チップラップ仕込みが大切な理由。

 

 

 

 

*こんな記事も読まれています。
ネイリスト検定試験2級 パールホワイトを綺麗に塗る方法は?

なぜ不合格?ネイリスト検定試験2級の失敗しやすい点は?前半ケア編。

ネイリスト検定3級2級、マニキュアがドロドロになるのを防ぐ方法

ネイリスト検定試験。どんなモデルを選ぶべき。