またまたネイリスト検定2級のお話になります。

いよいよネイリスト検定2019年春の試験が近くなってきたので、

少しでも合格へつなげていけるよう

意外に落とし穴だった点をこの記事では

まとめました。

参考にしていただけたらと思います。

 

ネイリスト検定2級試験落とし穴?意外と出来ていないバリ、ダストチェック!

受験される皆様の努力が叶うように、

少しでも参考にしてもらえると嬉しいです。

 

最終的な合格ラインにのるか、不合格へ転落してしまうかは、

「最終の細かいチェック」が非常に重要になります。

それだけ、ネイルの美の追求は細かい。という事です。

 

 

そんな細かい所なんて、審査員はみてないよ!!と言いたい

かもしれませんが、

 

審査員は何度も審査経験のあるベテラン先生がされるので、

目が慣れています。なので、一瞬で見分けが出来きます。

要は、

目が「美しいネイル」に慣れている=逆に、ちょっとでも仕上がりの

歪さ、汚さを感じやすい、気がつきやすい、のです。

 

そう、一瞬でバリの有無やケア不足など見極めます。

だからこそ、細かいチェックが重要なのです。

 

 

 

前半試験、爪の裏、手のひらのダストチェックは重要。

前半試験、ネイルケア、キューティクルケア後に、

爪先端の「バリ」は確認できていますか?

 

意外と、この「バリ」が爪先に残っていて、

後半試験のカラーリングで、バリにポリッシュが付いて

仕上がりが今一つ綺麗でない、事が、多いです。

 

自分では見ているつもりでも、

結構、爪の裏に貼りついていたりします。

 

そして、モデルさんの指周り、手のひら。

ダストが残っていたり、なんだか粉っぽい、

これも見られている可能性は高いので注意が必要です。

 

この、「小さなダスト残り」や「バリ残り」が

審査員がパッと見た時にが気になってしまうと

やはり、全体的なイメージが悪くなりますし、

仕上がりのポイントで減点される可能性は高くなります。

 

また、

もし、自分が逆の立場で、

例えば、サロンで、お金も払って、仕上がりが汚かったり、

手の裏がダストまみれだったらどんな気分になるか、

想像してもらえると、きちんとしよう!と思いませんか?

 

やはり、2級試験は、サロンでお金がいただける技術に

ふさわしいかを見られているわけです。

 

常に、自分がお客だったらどう思うか、

この技術に対してお金を喜んで払えるか、

考えるのも大切です。

 

 

全国のネイルスクールの料金を一覧比較!ネイルを学ぶならまずはビューティー資格ナビでチェック♪

 

 

チップラップのバリ、ダストチェックが合格不合格に左右する?

チップラップが完成して、磨きもぴかぴかになったら

必ず、先端のバリをチェックしましょう。

チップ先端は、ファイルの残りカス=「ばり」が非常に付きやすいです。

 

取ったつもりでも、カリカリすると結構出てきます。

バリが残っていたり、チップ裏にダストが付着していると

審査員にはいい印象を与えません。

 

静電気でチップ裏は、バリやダストが付着しやすいので

スポンジファイルでしっかり、裏からかき出し、ファイルして

最後は、ガーゼやお手ふきで綺麗に拭きとりましょう。

 

この時使うガーゼは前半試験で使ったガーゼではなく、

別に用意した綺麗なガーゼを使いましょう。

 

この、バリ、ダストチェックは本当に重要です。

「ま、いっか!!」どうせ見てないだろう。。。

では、ありません!!!

 

 

まとめ。細かい点の見直しが侮れないわけ。

ネイルの検定試験は細かい所の減点が増えていけば

当然不合格へとなります。

 

地味に減点が増えてしまっている、、

ギリギリ不合格が一番ショックです。

実技試験は、ネイリスト試験センターに何がダメだったか、

問合せしても点数や内容は教えてもらえません。

 

 

綺麗にできたつもりでも不合格だった方は

このような、「全体的な美しさが不足している」や、

ダスト残り」「バリ残り」が影響してしまった可能性もあります。

 

細かいですが、しっかり、見直しをする癖を練習の時から

身に付けておきましょう。

意識して練習すれば、きっと合格へと繋がります!

頑張りましょう!!

 

 

 

*こちらの記事も参考にしてください。

ネイリスト検定試験2級パールホワイト綺麗に塗る方法は?合格目指すには。

ネイリスト検定2級実技試験の時間配分 合格への手順を考える

ネイリスト検定試験。どんなモデルを選ぶべき?爪の形は?

 

長持ちするジェルは?パワーベースプラスを使った感想、塗りやすさは?