ネイリスト検定試験2020年1月にありますね。

ネイリスト検定2級試験と3級試験があります。

 

試験を受ける方へ。

これだけは、「本当にしっかり確認して欲しい事」「注意するべき事」をまとめました。

 

なぜ、このような記事を書いたかというと、

実際試験では仕上がりが良くても不合格になっている人、

失格になっている人が必ずいるからです。毎回います。

普通にいます。毎回。マジです。

 

仕上がりがどんなに綺麗でも、手技も問題ない、最高の出来なのに

「不合格」本当にいます。

なので、試験に行く直前、必ず確認しておくべきこと、注意点をまとめました。

 

 

 

 

不合格にならないための最終チェック項目

 

道具を今一度、丁寧に確認!!

道具の最終チェックをして下さいね。

道具にラベル、指定された品名ラベルを本当に貼っているか?

指定された品名は、要項に書いてあります。

品名ラベルを必ず貼る品目」と大きな字で書かれています。

要項で確認してください。

 

↑↑↑セッティングについて書いてあるページに、品名ラベルあります。

 

品名ラベル、要項に書いてある通りに書いてください。

 

ダメな例:コットンの蓋に「コットンケース」と書いたラベルを貼っている。

ポリッシュに「マニキュア」と書いて貼っている。

キューティクルクリームに「クリーム」としか書いていない。

プレプライマーに「プライマー」と書いて貼っている。

 

細かいことですが、注意してください。

 

 

そして、要項にあるように、テーブルセッティングします。

最新の要項で必ず確認してください。

*細かい部分、ピンセットについては時々変更がされています。

 

2級の試験の場合、シルク、チップなどは小さい容器にいれても

容器蓋に必ず、各品目を記載して貼っておきます。

ポリッシュ類も必ず、すべてのポリッシュにラベルを貼りましょう。

 

 

道具トレーの中に、使用禁止用具を本当に入れていないか?

台所にあるガラス食器を、フィンガーボールとして使うのはやめましょう。

フィンガーボールやアート用の水入れなどが、台所用品(お洒落なガラスボール容器)などはダメです。

そして、トレーの底が網目タイプ(100均などで売っているカゴタイプで底が空いている物)はダメです。

また木製のトレーや、紙の箱も絶対ダメです。

 

プラスティックトレーか金属トレーで、底に穴が開いていないものにしてくださいね。

 

ゴミ袋を忘れないように。

 

 

そして、テーブルシート、タオルも忘れていないですか?

テーブルシートやタオルをひかず、ネイル用具を「じか置き」する=減点です

 

 

実技試験の時、お隣の人が欠席だったので、

そのテーブルの上に筆記用具を出していた、これは失格!!です。

実技試験中に筆記用具を出して置くのは失格です。

 

くどいですが、

台所にあるようなガラス食器を

フィンガーボールとして使っていた使用禁止用具を使っていたになるので

失格!!です。

簡易プラスチック容器、コンビニのおでん容器をフィンガーボールに

使っていた=使用禁止用具なので 失格です。

 

 

ネイル用具は、ネイル材料屋さんで販売されている物を使って入れ

ほぼ大丈夫ですが、たまに、家にあったからそれを持ってきたなど、

また、なんでもいいから、とりあえず、持ってきたは道具は

やめた方がいいでしょう。目立ちます。

最新の要項を読んでね↑

 

 

 

 

 

受験票忘れ、筆記用具忘れ、写真貼り忘れはないですか?

受験票をもう一度確認。

受験日、集合時間、開始時間はあっていますか?

たまに、午後の試験なのに、午前中に来た、などあります。

 

写真を貼っていますか?プリクラ写真はダメです。

 

 

そして、筆記用具を入れましたか?消せるタイプのペンなどは使用禁止です。

 

きちんと、えんぴつか、シャープペンを数本用意しましょう。

鉛筆の芯が折れても、貸し出しは無いです。消しゴムも忘れずに。

 

 

 

試験のテーマ、どの爪に何をするか、本当に間違いないですか?

もう一度、「今回の2020年冬の指定された課題」か思い出して下さい。

特に2級試験、カラーの色は前回の秋の試験と同じですが、アートは違います。

またチップラップの爪はどの指ですか?

 

ネイリスト検定2級試験 Bパターン(ピンク系)

Bパターン  チップラップ 右手中指   

ネイルアート 左手中指

 

 

チップラップの時の、ハーフチップ仕込み動画あります。

ハーフチップの仕込みをどうすればいいか、悩んでいる方は

よかったら見てください(^^♪

 

 

 

 

 

モデルさんの状態もしっかり確認、そしてお願いすることは?

 

事前のカラーリングの塗り、色が間違ったりしていないでしょうか?

きちんと丁寧に塗って行きましょう。

事前の塗りが手抜きの場合、減点されます。

 

またモデルさんにも、ブレスレットや派手な指輪などは付けて行かないよう

お願いしておきましょう。

装飾品は無い状態で行くようお願いするか、必ず試験の前に外してもらいましょう。

 

そして、毛羽立ちが酷い服は、カラーリングの時など、空気の流れによって

舞いあがり、爪に付着してしまう事があります。

ポリッシュの上に毛が落ちると取ることが難しいので

このような毛羽立つセーターなど遠慮してもらった方がいいです。

 

自分の手に、「松竹梅」のネイルアートをしていかないようにしてください。

これは、ネイルアート図案持ち込みになって「失格!!」となります。

 

 

 

まとめ

本当に、要項をしっかり読んで下さい。

そして、失格、減点もしっかり読んでください。

特に、前回試験で不合格、「今回、再試験の方」こそ注意です。

同じ失敗をしないようにするのも、もちろんですが、

ネイルアートを前回試験のアートをやったりしないようにしてくださいね。

 

前回、なぜ不合格だったかもしっかり思い出してください。

 

そして

失格でよくあるのは、手指間違い。

つまり、反対の手にアートをしたり、違う爪にチップラップをするです。

 

このように、ちょっとした勘違いや思い込みの違いで

失格になってしまう方も本当にいます。もったいないので

要項を最後にしっかりと読み直し、間違いが無いか確認し、

本番の成功をイメージトレーニングしてください。

 

 

事前準備もしっかりすれば、きっといい成果がでます。

頑張ってください!!

 

この他こんな記事もお勧めです。

ネイリスト検定2級アート 松竹梅おすすめの描き方デザインその②

ネイリスト検定試験2級実技の時間配分 合格への手順を考える

ネイリスト検定3級2級、マニキュアがドロドロになるのを防ぐ方法は?

ネイリスト検定試験2級合格するには。チップラップ仕込みが大切な理由。

ネイリスト技能検定試験 1級への合格への道!気を付けること