ネイリスト検定試験、ジェルネイル検定試験に

感染予防対策として、フェイスシールド、またはアイガードの

着用が必要となりました。

着用していない場合は、失格になります。

ネイリスト協会HP参照してください。

ジェルネイル検定試験↓

https://www.nail.or.jp/kentei/g_kentei.html

 

フェイスシールドはどんなタイプがあるか、

アイガードとはどんなものかまとめてみました。

 

そもそも感染対策の必要性

フェイスシールド

コロナの感染が拡大するなか、多くの人が同じ部屋に入り試験をおこないます。試験中は私語禁止なので、飛沫が飛ぶリスクも高くないですが、各地から人が集まるので、感染症対策は必須です。フェイスシールドは、飛沫の飛散を直接浴びないようにするためにも必要ですし、目の結膜からの感染防止にも、鼻腔などへの侵入も防ぐことができます。

 

アイガード

先日2020年11月初旬、新たにネイリスト協会から「感染予防強化」として、「メガネの使用禁止」と通達がありました。これは必ず、「感染予防できる、アイガードやゴーグルを使用すること」という意味でしょう。確かに、眼鏡だけでは、目の結膜から入るウイルスの予防としては弱いですよね。ですので、アイガードを用意された方がいいでしょう。

 

 

フェイスシールド、アイガードどっちを使うか?

試験ではフェイスシールドをして、マスク着用になります。

そうなると、2重ガードで安心ですが、息も苦しい。

おまけにフェイスシールドも曇る可能性が高いです。

特に、冬、息で曇りやすい。

そして、室温が上がると、頭もボーとする可能性もあります。

また、高品質のフェイスシールドならいいかもしれませんが、どうしてもシールドが反射して、手元が見えにくくなる可能性もあります。

 

フェイスシールドを使う場合、練習で慣れておいた方がいいでしょう。

 

その点、アイガードは、眼鏡のがっちりタイプだと思って使いやすいかもしれません。

曇るか、曇らないか、一度練習で使って確認して慣れておくべきです。

 

 

ネイリストにも、試験にもおすすめ、人気売れ筋アイガードは?

 

ゴーグルタイプ

ネイリスト検定感染予防

 

いい点:粘膜全体を完全ガードできるので文句なし最強。感染対策ばっちり。

悪い点:視界が狭くなる可能性あり。顔にカタが付く可能性あり。使用後こまめな消毒が必要。

 

 

 

 

アイガード

検定試験感染対策

 

いい点:装着性がよく、通気性あり、曇りにくく視界も確保できる。

悪い点:下から、側面からの汚染に弱い可能性あり。固定が弱い。安価ではないので、使用後こまめな消毒が必要。

 

楽天サイト

 

 

 

 

フェイスシールド

いい点:通気性がいい。簡単に装着手軽に使える。価格も安く、使い捨てしやすい。

悪い点:下からの汚染に弱い。大げさに見える。反射してネイルの細かい作業が慣れるまで大変かも。

 

 

 

 

ちなみに、マスクも今、安くなってます。

あの2月3月を思えば、随分値下げされています。

 

 

 

まとめ

フェイスシールド、アイガードをご紹介しましたが、試験要項でも「必ず着用」と

あります。マスクも、マウスガードより、「マスク」をされたほうがいいと思います。

フェイスシールドは視界が悪くなりやすいので、練習で慣れておいてください。

 

大変な時期の受験となり、受験生の皆様も本当に苦労と心配でお疲れだと思います。

普段の練習の成果が発揮できるよう祈っています。

体調にもくれぐれもお気をつけて頑張ってください。