ネイルサロンを始めると確定申告はは必要です。

商売としてお客様からお金を頂くので、収入を得るので、

これは法律で決まっています。

 

開業届は必須ではないようですが、

確定申告の時、やはり結果的には必要になります。

 

 

自宅サロンでも開業届と確定申告必要?

結論から言うと、ネイルサロンをオープンするにあたって、

やはり必要な事は、開業届を出すことです。

 

自宅でこっそり、

 

副収入、、、

 

どうせ、家サロンだし、バレない。。。

 

と思っていませんか?

 

届出をする理由

 

こっそり、それが、そうもいかない時代ですよ。

今の時代、なんでも履歴が残りますよね。。。。

しかも、マイナンバーもあるし。

 

 

そう、ネットの通販サイトでネイル道具を買えば、

購入履歴が残っているし、クレジットカードを使って買えば

当然購入履歴銀行口座からの引き落としがでる、

いつ、何を購入したか、仕入をしたか分かります。

 

 

そして、一番ここが重要ですが、

集客の為に、ブログ、インスタ、フェースブックを使って、

お客様ネイルを公開しますよね。

 

 

 

そして、「ブログ」や「自分のHP」にメニュー価格を掲載

毎回、「今日施術したお客様のネイル画像」をアップする、

これを調べると、だいたい、このお店に1日何人のお客様が来て、

どれくらい売り上げがあるのか分かる。

そして、一年間のお店が売り上げが、ある程度検討がつきます、よね。

そうです。結構、バレまてす。

ですから、自宅で開業するにしても、

開業届は出しておいた方がいいですし、

利益が出ようが出まいが税務申告しておくほうがいいのです。

 

 

お金を人から得ることは立派な商売です。

所得があることになります。

 

開業届=税金を払うではありません。

扶養から外れたくないから

こっそりやっているなどは間違いですよ。

 

実際に売り上げがあっても、ネイルの仕入や自分がセミナーで

払った学習費用が経費になったり、

ネイル部屋として使っている部屋が仕事場であるので、

自宅の一部が経費で認められたり、

ネイルサロン運営するのにかかった備品や雑費(テーブルや椅子、

棚、ネイルチップの飾り棚、スリッパやクッション、掃除道具、

お茶出し用の飲み物やお菓子)などは経費になります。

 

このかかった経費やいろいろ引いて、

そこから所得に対して税金が発生するので、

申告しておいた方がいいのです。

 

開業届=税金 ではないので、きちんと

「利益が出ようが、出まいが、」

開業届と税務申告をして、純粋に利益がでて儲かったのであれば、

それに対して税金を納めるようにしましょう。

これは法律で決まっています。

 

赤字になれば、税金も発生しません。

 

開業届は、確定申告はどうすればいいの?

基本、上記の様に、いろいろなものが経費で認められやすいのは、

青色申告」です。

もちろん、個人事業主でも「青色申告」できます。

売り上げがしっかり出るようであれば「青色申告」の方がいいでしょう。

経費で認められる枠が大きいです。

 

 

ネイリストは基本技術屋なので、計算は苦手だと思います。

 

詳しくは、やはり税理士さんや近くの商工会議所などに

相談した方がいいと思います。

 

税理士さんによっては、ちょっとした経営コンサル的な事を

教えてくれる方もいますし、節税方法など、

いろいろと助かるアドバイスをくれます。

 

 

 

このように、お客様からお金を頂くのであれば、

きちんと開業届をだして、税務申告した方が自分の為にもいいです。

分からない事があれば、税理士さんに聞いてみましょう。

 

*こんな記事も読まれています。

ネイルのカビ。グリーンネイルとは何か?原因と対策方法

ネイルサロン集客の重要なメニュー作りと考え方。

ネイリスト職業病 みんな悩む腰痛。注意点と対策方法は?