冬の間放置していたかかと。

春、夏が近くなってくると、気になってきます。

ストッキングがベージュ系の薄いタイプの物を履くようになると、

電線するし。

足の角質のがさがさ、ひび割れ放置していませんか?

白く粉をふいていたり、酷い人は、割れて、傷になっている方も

います。

早めにお手入れしておけば、春、夏が来てあわてる必要もありません。

自分である程度ケアできるので、ケア方法をまとめました。

ただ、あまりにもひどい人は、ネイルサロンでやってもらった方が

早いのでサロンをお勧めします。

でも、相当ひどすぎる人は、サロンに行く前に、少しお手入れしてもらえてると

サロンで一気に綺麗になります。

多少、自分でもお手入れしてみてください。

広告:ネイルを隠すマニキュア

 

 

足、かかとのガサガサ、角質を自分でケアする方法

そもそも角質のたまる原因

足の裏はそもそも、体重を支える為に、

日々の荷重で皮膚が他より分厚くなっています。

そして、靴を履いたり、歩いたりの衝撃で、厚みも増し、

さらには、汗や汚れもたまり、それが垢となっています。

 

その垢が角質となっている部分であり、

これらは、硬くなっていく傾向にあります。

若い人はまだ、皮膚のターンオーバーも盛んで、

そもそも皮膚自体が柔らかいので、

日々のお風呂で簡単に取れてはいきますが、

年齢を重ねるごとに、落ちにくく、たまりやすいです。

 

ある程度ケアすることも大切となりますが、

やり過ぎも角質をため込む原因にもなっているので、

軽めにフットファイルでケアするなら

週1回程度のかかとケアで十分ですし、

しっかりスクラブなど使ってするなら

1か月1~2回程度するぐらいでもいいと思います。

 

お風呂上り、入浴中に角質ケアすると楽で早い!

一般によくある、フットケア専用スクラブや、

角質除去剤などを使う場合は、お風呂あがりか、

もしくは、あがる直前にするのがベスト。

湿気を含み過ぎていると逆に角質が取れにく場合もあるし、

乾燥しすぎた状態は皮膚を傷つけます。

適度な湿気た状態で、角質ケアする事がベストです。

 

では、角質除去のベストの状態とは何か?

フットファイル(かかと専用のファイル)でこすり始めて、

少しずつ消しゴムのカスのような感じの物が

ボロボロ落ち始める状態です。下の画像↓↓

 

比較的大きめの消しゴムのカスみたいな感じです。

適度な湿った感じの皮膚の状態になると、

こんな感じに、大きい消しゴムのかすの様な感じの角質が、

ぼろぼろ出てきます。

 

乾燥しすぎると、出ないし、濡れすぎてもでません。

いい頃合いの湿気具合で、出始めます。

 

この角質が小さくなってきた時や、

乾燥する感じであまり角質がボロボロ出てこなくなったら、

水分を足して、湿気た状態を作れば、また角質が出始めます。

足のかかkとケア

こんな感じで、角質が小さくなると、水分を足してください。

そして、その後、水分を足してもあまり、

大きい角質が出ない、小さい削りカスしかでなく、

乾燥した状態になってくれば、終了の合図です!!

 

次に、指の間なども同じ様に擦っていけば、角質がでます。

 

入浴の時、少し足が湿った状態で始めれば

一気にできて、そのあと、身体と一緒に流せますね。

 

最近は、角質取り専用の化粧水(スパルーチェ)があります。

ネイルサロンでよく使っている商材です。

かかと角質ケア化粧水

 

この「スパルーチェ」を使う場合は、お風呂上りではなく、

「入浴前」などの、乾燥した状態にこの化粧水をふりかけて、

フットファイルで擦ると驚くほど角質が取れます。!!

 

お風呂場で、まず角質除去して、入浴すれば楽でいいですよね。

ネイルサロンなどのプロ用商材ですが、ネットで購入できます。

 

足の化粧水!簡単角質除去。

SpaLuceスパルーチェ。楽天サイト↓

 

 

スパルーチェを使った画像です。

フットファイルは4面やすりが付いて、目の粗さが異なります。

 

角質が多いところは、粗い面で、角質が多くない所は、

小さい部分の細かい目の所を使うといいです。

プロ用商材ですので、簡単に角質が落ちます。

スパルーチェ角質ケア

 

その他、もっとお手軽な方法は、

角質除去専用の「ガラス素材ファイル」を使って、

角質除去などもあります。

特殊加工されているファイルで、これ1個で角質が取れてツルツルになります。

楽天サイトはこちら↓ 「特殊ガラス素材フットファイル」

 

それでも、フットファイルで擦るのも面倒な方は、

足の専用パックがあります。

*但し、足のかかとにひび割れや、

赤みをを伴ったヒリヒリなどある方は、

刺激になって、傷が悪化する可能性もあります。

かかとの状況を確認してからお使いください。

 

角質ケアの時、注意する事は?

一般的なスクラブを使う場合は(スパルーチェ以外の商品)、

湿気た状態の方がいいです。

何もつけないで、乾燥状態で角質除去をするのは

お肌を傷めてしまう可能性もあり危険です。

専用の角質除去のスクラブや専用水、専用化粧水を使いましょう。

その時、あまり長時間同じ場所をこすり過ぎると、

皮膚を傷めて、余計角質が付きやすい状態になるので、

赤くなってくる、ヒリヒリする状態までしないように気を付けてください。

おもしろいくらい角質が取れるからと言って

やり過ぎは注意です!!

 

つるつるかかとを保つための角質ケアの後のお手入は?

フットファイルで擦り終わって、放置はだめですよ。

終わったら、ぬるま湯で綺麗に洗い化粧水を付けて、

クリームも付けてくださいね。

また、キューティクルオイルや、ボディーオイルなどを

かかとにつけて保湿もおすすめです。

 

化粧水は、お顏に使っている高級品でなくても、

ドラッグストアなどで売っているヒアルロン酸入りの化粧水で

十分綺麗に皮膚の状態を保つことができます。

足のケアにもクリーム

足のかかとには、毎日化粧水をつけることをお勧めします。

化粧水やクリームで保湿をするだで、

かかとのひび割れなどを防ぐことができますし、

角質がたまりにくくなります。

そうなれば、フットファイルでこする回数も減らせるので、

お顔のお手入れと一緒で、水分をしっかり、かかとにも補ってあげてください。

角質のたまる原因の一番は、乾燥です。

 

冬は、靴下や、ストッキングで保護されている状態なので、

どちらかといえば、蒸れている状態ですが、

夏は、サンダル、ミュールになるので、

かかとがむき出しで乾燥状態にあります。

これが、結局、角質を増やしている原因にもなるので、

夏こそこまめに、

化粧水やクリームでとにかく保湿することが重要です。

 

*楽天サイト↓全身のお手入れにも使えるクリーム。

 

まとめ。やっぱり保湿の継続が一番!とにかく保湿です。

保湿をするだけで、ひび割れを起こしていた状態もある程度、

回復させることができるし、角質が付着してもお風呂で、

クリームごと汚れを落とすことになるので、

たまりにくい状態へと導きます。

 

しかし、1回や2回ぐらいでは変わりませんので、

化粧水やクリームは毎日のお手入れの習慣としてやるべきです。

そして、1~2週間に一度、角質除去するだけでいいと思います。

角質除去はやり過ぎと、乾燥状態で強く擦ると、

余計悪化するので、そこだけは、気を付けてくださいね。

 

ガサガサの荒れた足爪を補修する美容液ペディキュア「足爪の休日」