キューティクルニッパーはプロのネイリストは、

必ず必須アイテム。

 

また、これから、ネイルスクールに入って、

キューティクルニッパーの購入を考えている方、

 

初心者を卒業し、そろそろ、本格的なプロ仕様のニッパーを探している方、

 

キューティクルニッパーの価格差を見て

「何がこんなに違うの!!?」と、

選ぶのに悩んでいると思います。

数千円のものもあれば、2万円~3万円近くの物も。

 

失敗したくないですよね~

 

選ぶポイントをまとめました。

キューティクルニッパー選ぶポイント

キューティクルニッパーの精度は?精密度は?

キューティクルニッパーは、握った時に、

2枚の刃が「ぴった!!!」と

合わさるのは

もちろんご存知ですよね?

 

 

今、手元にあるニッパ―、ちょっと試してみて下さい。

 

1ミリの狂いもなく、「ぴたっ」と刃が合わされば、

問題無いのですが、

 

この時点で

既に「刃」が合わない、先端が、揃わない、

などは、交換なり、買い替えをお勧めします。

 

恐らく、安い海外製のニッパーは、合わない事が多いですよ。。

↑これは私が経験したことですが。

すべてとは言いませんが、2000~3000円の物はこのような事が多かったです。

あくまでも個人の感想です。

 

日本メーカーの方がはるかに精度は高いです。

 

 

精度の高い、ニッパーは、

「ぴった」と素晴らしく合わさります。

 

 

この、ズレが生じてしまうと、開閉にも影響しますし、

ケアの時、スムーズな動きもできないため、

ルースキューティクルがつかめません。

ネイリスト検定3級2級技術から不合格理由を考える

切れ味はどうでしょうか?

キューティクルニッパーは、切れると言うより、

「ふわっ」と触るような操作で、

勝手に、ルースキューティクルが、そげるような、

触るだけで角質がニッパーの刃の上に、

もりもり乗っかってくる感じになります。

 

「プッツ、プッツ」

「ザクザク」

「チョキチョキ」

と切って使うものではありません!!

 

 

逆に言えば、このような感触、ぷつぷつ引っかかる、

チョキチョキがあるなってしまう場合は、

切れ味が悪くなっている=刃が欠損している、

刃が摩耗している

状況です。

 

交換か、研ぎに出すことをお勧めしますし、

買ったばかりにも関わらずこのような事になっているのであれば、

そのニッパーは残念ながらあまり良くない商品だったという事です。

 

そのぐらい、本物のキューティクルニッパーは

違うと言う事です。

ネイルケアに大切な道具の選び方

持った時の感触、握り具合はどうでしょうか?

プロのネイリストなら、ネイルケアは、毎日、毎回おこなう作業です。

また、スクール生も、練習で使いますし、

3級試験2級試験では必ず使いますよね。

 

持って疲れない、グリップの握りやすさ、

自分の手の大きさにあっているか、

 

 

これは、メーカーによってかなり違うので、

メーカーを新しく変えようと思っている方は、

慎重に選んでください。

 

保障などがきちんとあるか。

有名メーカーのニッパー、

光、ウツミ、ナカソネ、などは高級ですが、きちんと

メンテナンスの保証が付いています。

 

オイルなども一緒に入っているので、

握りの部分が硬くなったり、開閉のスムーズさに欠ける時などは、

自分でも多少は直せます。

ただし、刃に関しては、自分で直す事は不可能ですし、

自分でファイルでちょっと整えてみようかな~、、

などは絶対に思わない事です!!

 

刃に関しては、きちんとメーカーさんにお願いしましょう。

ネイリスト検定用品、キューティクルニッパーの扱い方

 

ちなみに、研ぎに何回も出していいの?

と思うかもしれませんが、

研ぎに出せば出すほど、刃の質は落ちていきます。

要するに、一番新品が一番いいのです。

 

なので、

出来る限り大切に、丁寧に扱い、

どうしても切れ味が悪くなってしまったら、

研ぎに出しましょう。

 

 

私個人の感想ですが、3回目の研ぎに出したことがありますが、

ニッパーが返った直後はきちんと切れていましたが、

 

すぐに、引っかかる感じが出始めたり、

新品の頃に比べたら「ん~」って感じになりました。

その後は切れ味が悪く、使えなくなり、新品を買いなおしました。

 

 

 

新品が一番いいですね。

そして、安全に作業できます。

 

参考にしていただけたらと思います。

 

 

また、ネイルエキスポや、アジアネイルフェスティバル等で

メーカーさんが出店されていたら、

直接触らせてもらったり、違いなどを質問してみましょう。