ジェルネイルをセルフネイルで頻繁にされている方や、

自分の爪に練習でジェルをされている方、

不適切なネイル施術によって、ジェルが勝手に剥がれてしまったり、

刺激の強いネイル用品(ネイルオフ液や刺激の強いネイルクレンザー)で

爪を傷めてしまったことなどありませんか?

 

ジェルネイルをする時、

必要以上にサンディング(表面の傷入れ)をしたり、

浮いてきたから、無理やり剥がすと、

当然地爪の表面が一緒に剥がれてしまい、

爪は薄くなります。

 

 

また、ネイルをオフする際の

アセトンを頻繁に使ったり、

刺激の強いオフ液などを使う事によって

おこる可能性はあります。

 

爪が傷んでしまったら、一度、

ジェルはお休みすることをお勧めします。

爪がひどく傷んだ状態でジェルネイルをしても、

乾燥しすぎて接着が悪かったり、

ネイルの時の傷入れ(サンディング)で

どうしてもまた爪を薄くしてしまう可能性があります。

 

そのため、結果、またすぐにジェルネイルが剥がれてしまう、

地爪が薄く柔らかすぎて、ジェルと地爪の間に、ひずみが起こりやすくなり

早く取れる事があります。

 

ジェルネイル検定練習方法。爪を傷めない練習は?

ちび爪、深爪、噛んだ爪。自力で美しくする方法

 

綺麗な爪を伸ばすために気を付けること

 

  • 食器洗い、お風呂掃除などの皮膚に刺激のある洗剤は手袋着用して使う。
  • 爪先でシールを剥がしたり、爪先に負荷がかかることはしない。
  • 乾燥させないよう、化粧水やネイルオイルを使い保湿。
  • 爪裏のハイポ二キュウムにもネイルオイルなどを塗る。
  • 爪専用の美容液が配合されたものや、栄養液の配合された爪専用コーティング剤を塗る。
  • 爪を切る時は、爪切りより、ネイルファイルで削る。
  • 爪の表面を不必要に磨いたり、スポンジファイルなどで強く擦らない。
  • 爪を短くして、負荷がかかりにくいようにしておく。

 

これらに気を付けて生活するだけでも

自然と綺麗な爪が伸びてきます。

 

爪の上に何も塗らないよりは、

爪専用の栄養分が配合されたコート剤を塗る方が

早く伸びる傾向にあります。

爪のでこぼこはミネラル不足?爪に良い食品とは?

爪がもともと弱い、薄い場合、爪を守る方法は?おすすめのネイルコート剤、保護マニキュアは?

 

 

 

ネイルモデルさんに実験した所、コーティングしている方が

爪の裏のハイポニキュムの成長が早く、

爪が縦に長く伸びているとの事です。

 

 

これはあくまでもネイルモデルさんの感想ですので、

絶対、伸びるとは言えませんが、

何も塗っていない時は、

先端から欠ける事が多かったと言っていました。

ジェルネイルのコーティングは、傷んだ爪にはお勧めしませんが、

栄養液や爪の保護成分や、

伸ばすための補助的な成分が入っている方が

成長は早いようです。

引っかかる、悩む爪割れ。ネイルグルーで爪割れ補修方法。

爪割れ乾燥を防ぐにはネイルオイル。選び方

深爪から脱出。ピンクの部分を増やす方法

 

 

 

食品やサプリメントで爪を回復させる

身体の中から改善することも忘れずに。

 

爪や髪、お肌いいとされている食品を摂取したり、

サプリメントを意識して摂取することもお勧めします。

 

外からのケアも必要ですが、身体が不健康だったり、

日々の食生活が偏って、栄養不足だと

爪や髪の毛がパサパサになったり、乾燥や、お肌がボロボロになります。

食事で十分な栄養が補えないのであれば、

サプリメントを上手に使って、効率よく

健康に、爪も回復させたいところです。

 

爪が薄い、割れる悩みを解決?本当に爪を強くできるか、人気のコラーゲンは?